本文へスキップ

結城紬は軽くて丈夫で着やすい着物。帯も作られています。

〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4-17-5

TEL 06-6641-8484

〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-37-13

TEL 052-241-5588

本場結城紬YUKI TUMUGI

本場結城紬(ほんばゆうきつむぎ)は、主に茨城県結城市で生産しています。

本場結城紬

     本場結城紬100亀甲   

本場結城紬の産地は、茨城県結城市が有名で、鎌倉時代以前は、常陸紬(ひたちつむぎ)と呼ばれていましたがその後、結城紬と呼ばれるようになりました。

慶長七年には、信州上田から織工を招いて、縞織りの技術を導入したとされています。

江戸末期頃から絣織りを始め、現在の亀甲絣織りに発展しました。

結城紬は、真綿から紡いだ紬糸を経緯糸に使い、絣を作るために染めない部分を綿糸で括っていきます。(絣括り)

模様が細かくなったり、色が増えると括り工程が増え手間がかかります。

絣括りを終えると染めをし、日本でもっとも古いといわれている居座り機(いざりばた)にのせます。

経糸を腰当てに結びつけ、張力を織り手の腰で調整し紬独特の弾力を持たせます。

緯糸は、樫の木で作った杼(ひ)で打ち込みます。

織り手と機(はた)が一体となり結城紬が織られているのです。

結城紬の風合いは、軽く、そして強く、温かく着れば着るほど体になじんできます。

現在、本場結城紬は手織着尺の最高級品とされ重要無形文化財に指定されています。


本場結城紬      本場結城紬紳士アンサンブル
本場結城紬反物      本場結城紬紳士反物
本場結城紬着物 反物本場結城紬

バナースペース

大福屋 大阪店

〒556-0005

大阪府大阪市浪速区日本橋

     4丁目17−5

  (日本橋商店会内)

AM10:00〜PM6:00

毎週 木曜定休日

大阪店の地図はこちら

TEL 06-6641-8484

FAX 06-6641-7220

大福屋大阪店へ問い合わせ

   

大阪店 夏期休業のお知らせ

8月12日(水)〜16日(日)

及び、8月26日(水)

臨時休業します

大福屋 名古屋店

〒460-0011

愛知県名古屋市中区大須

   3丁目37−13

(大須万松通り商店街内)

AM10:00〜PM6:00

毎週 火曜定休日

名古屋店の地図はこちら

TEL 052-241-5588

FAX 052-241-5714

名古屋店へ問い合わせ


名古屋店 夏期休業のお知らせ

8月18日(火)〜21日(金)

臨時休業します


大福屋大阪店・名古屋店では只今、営業時間を短縮しておりますのでご注意ください

「大福屋」モバイルサイト

携帯電話で大福屋大阪店・名古屋店の地図・最新情報をご覧頂けます。

      
QRコード

モバイルで呉服の情報がご覧いただけます。